ミヒャエル・クーデンホーフ=カレルギー追悼展

ミヒャエル・クーデンホーフ=カレルギー追悼展
「夢幻の旅人」

レームデンやフックス、フンデルトヴァッサーといったウィーン幻想派の系譜に連なるミヒャエル・クーデンホーフ=カレルギーが、昨年12月に亡くなりました。未発表のデッサンや新作を集めた追悼展が開催されます。

3月13日~21日
Bunkamura Gallery(東京)

詳細はこちら

2018年度秋季例会の様子


2018年9月28日(金)、名古屋大学東山キャンパスにて秋期例会が開催されました。

2名の発表者による講演会が行われました。

1.関口 裕昭・・・ウィーン・モデルネにおける庭園の表彰

関口 裕昭氏(明治大学教授)

関口 裕昭氏(明治大学教授)

 

2.糸井川 修・・・戦争のない時代に向けて ― ベルタ・フォン・ズットナーの『武器を捨てよ!』と『人類の崇高な思想』

糸井川 修氏(愛知学院大学准教授)

糸井川 修氏(愛知学院大学准教授)

 

会場の様子(2018年度秋季例会)

会場の様子

フィルハーモニクス ウィーン=ベルリン来日公演

フィルハーモニクス ウィーン=ベルリン来日公演

ウィーン・フィルをベースに、ベルリン・フィルの名手など超絶技巧と幅広い音楽性を誇る7名によるエキサイティングな演奏。

12月14日(金) 東京芸術劇場 コンサートホール

12月15日(土) 熊谷文化創造館さくらめいと「太陽のホール」

12月16日(日) 大和市文化創造拠点 シリウス 1階芸術文化ホール メインホール

詳細はこちら(ジャパン・アーツ)

映画「審判」

「審判」 フランツ・カフカ原作、ジョン・ウィリアムズ監督・脚本

12月15日より シネ・ヌーヴォ(大阪)

「いちばん美しい夏」「スターフィッシュホテル」など日本で活動を続けるイギリス人監督ジョン・ウィリアムズが、フランツ・カフカの不条理文学「審判」を現代東京を舞台に映画化。

公式サイト

グスタフ・クリムト没後100年「世紀末を代表する画家クリムトの業績と生涯」

グスタフ・クリムト没後100年
世紀末を代表する画家クリムトの業績と生涯

日時 : 11月27日 15:00 – 17:00 (開場 14:45)
場所: オーストリア文化フォーラム東京
東京都港区元麻布1-1-20 Map

日本語、入場無料、定員40名(先着順)
お申込みは11月20日までに、リンク先のフォームにご記入ください。
(定員数に達した場合、早めに締め切ることがあります)