第15回日本オーストリア文学会賞受賞者

第15回(2019年)日本オーストリア文学会賞は、単行本部門は該当者無し、論文部門でクリストフ・ランスマイアーを論じた川島建太郎氏が受賞しました。

〈単行本部門〉
・該当者なし

〈論文部門〉
・Kentaro KAWASHIMA: Christoph Ransmayrs Arbeit am Zeugen -Jean Améry und der Roman Morbus Kitahara-(『オーストリア文学』第33号)

2019年度春季総会・講演会の様子
歴代受賞者・受賞作はこちら